幡生高架橋

所在地山口県下関市
年代2006年09月
特徴本橋は、JR山陰本線上に架かる曲率半径400mの高架橋である。本線およびOFFランプに3径間連続プレビーム合成桁橋が採用されている。建築限界により桁高が制限される部分の桁高を低く抑え、断面力が大きい中間支点部で桁高を確保でき経済的となる変断面構造が採用されている。また壁高欄外側は景観に配慮した曲面仕上げとなっている。跨線部の中央径間は、1,250t吊大型クレーンによる地組一括架設で架けられた。

MORE

関連写真
  • 山陽新幹線第一花岡架道橋
  • 関門橋
  • 岩国港埠頭(人工地盤)
  • 弥栄大橋
  • 天王橋
  • 九重“夢”大吊橋
  • 科学技術館 常設展示(HRP-2、恐竜型ロボット)
  • みちのく号
  • 越辺川橋
  • 七十二峰橋
  • 京浜急行・高架橋
  • 山賀橋
  • 十日市跨道橋橋
  • 女沼橋梁(東北新幹線)