名古屋ルーセントタワー

所在地愛知県名古屋市
年代2007年01月
特徴当ビルは、開発の目覚しい名古屋駅前に地下3階・地上40階、高さ180mのオフィスビルとして建設された名駅の新たなランドマークである。ビルの東面の柱がR状にセットバックした形状をしている。斜め柱の軸力によって生じる水平力による建物の変形を抑えるため、東西方向に大架構、南北方向にはブレース架構をバランス良く配置している。コア部には制震粘性ダンパーを設け地震時のエネルギー吸収を図っている。

MORE

関連写真
  • ナゴヤドーム
  • 学校法人愛知医科大新病院等建設工事
  • 豊田スタジアム
  • JPタワー名古屋
  • 第三吾妻川橋りょう
  • 長瀬大橋
  • 赤坂雨水調整池
  • 豊島大橋
  • 科学万博 つくば’85 鉄鋼館
  • 東京国際空港国内線第1旅客ターミナル(愛称 ビッグバード)
  • 青山学院 大学17号館
  • 日本圧着端子製造(株)新本社ビル
  • 小型風力発電システム