科学技術館 常設展示(HRP-2、恐竜型ロボット)

所在地東京都千代田区
年代2006年
特徴川田工業で開発した両ロボットが、2006年4月より科学技術館において常設展示されている。HRP-2はモックアップによる静態展示である。恐竜ロボットは2005年に開催された愛・地球博(愛知万博)において、185日間のデモンストレーションを実施した実物が、歩行は行わないが、鳴き声を発したり首や尾を動作させるなど、来場者に先端ロボットの技術を体験させている。

MORE

関連写真
  • 東京電機大学屋上緑化
  • 飯田橋グラン・ブル-ム サクラテラス
  • 丸の内ホテル、商業施設OAZO
  • 品川区立平塚橋特別養護老人ホーム 屋上・壁面緑化
  • TRI-SEVEN ROPPONGI
  • 徳之山八徳橋
  • みちのく号
  • 越辺川橋
  • HRP-3 Promet Mk-II
  • 幡生高架橋
  • 2013国際ロボット展(NEXTAGE)
  • HRP-4
  • 恐竜型ロボット 愛・地球博(愛知万博)
  • 2011国際ロボット展(NEXTAGE/HIRO、HRPシリーズ)
  • NEXTAGE 2013年度グッドデザイン金賞受賞