大鳴門橋(ケーブルアンカーフレーム据付工事)

所在地徳島県鳴門市
年代1980年03月
特徴大鳴門橋は、兵庫県南あわじ市福良丙 (淡路島門崎)と徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦(大毛島孫崎)間の鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊り橋である。1985年(昭和60年)6月8日に開通した。
橋長は1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3m。橋は上下2層式となっており、上部は片側3車線の道路、下部は将来的に鉄道 を通すことが出来る構造となっている。

MORE

関連写真
  • 阿波しらさぎ大橋
  • 日比宇高架橋
  • 大鳴門作業足場
  • 今切川橋
  • 阪神高速湾岸線 南港南工区(第5工区)
  • 富山医師会館鉄骨工事
  • 深谷橋
  • 富山県立第2少年自然の家
  • パラボラ鉄塔製作据付工事
  • 登米志津川橋梁
  • 庄川橋梁(北陸本線)
  • 新桜宮橋
  • 瀬戸大橋アンカーフレーム(橋台)
  • 江黒橋