ホームズスタジアム神戸

所在地兵庫県神戸市御崎町
年代2003年03月
特徴ホームズスタジアム神戸(工事名称:神戸スタジアム/神戸ウィングスタジアム:2次整備工事)は、2002ワールドカップ終了後、開閉式の屋根を新設し、全天候型スタジアムに生まれ変わった。天候に左右されず安定してイベントが開催でき、陸上トラックのない常緑天然芝の国際級球技専用スタジアムとなっており、メインスタンドからピッチまでは9m、バックスタンドはわずか6 mのため、選手のプレーを間近で観戦できる。国内では初めて、開閉式ドームの屋根材にアルミが採用されており(開閉に必要な時間はわずか20分)、可動屋根は全開、全閉に加え、半開状態でも利用できる設備となっている。

MORE

関連写真
  • 大鳴門作業足場
  • 浜手バイパス
  • 大鳴門橋(多柱基礎鋼管製作)
  • 松原跨線橋
  • 八木川ランプ橋
  • 丸の内ホテル、商業施設OAZO
  • 汐留シティセンター
  • 六本木ヒルズ森タワー
  • 産業用バーチャルリアリティ展(IVR2003)
  • 大手町タワー
  • TRI-SEVEN ROPPONGI
  • プラダ ブティック青山店
  • グラントウキョウノースタワー
  • 梅田センタービル