電通新社屋 (汐留シオサイト内)

所在地東京都港区東新橋
年代2000年12月
特徴本建物は、48階の高層棟と、その周辺に配置された多目的ホール棟などの低層棟よりなっている。高層棟は、パイプ柱(CFT)をメイン柱とし、メガトラスを配置した大空間の吹き抜けが特色である。使用された鋼材は、SA440材、FR鋼、低降伏点鋼など高規格・多様な材質を使用している。製作はS、Hグレードの14社が参加した。規模としては、地下5階、地上48階、塔屋1階、延床面積23万2,000 ㎡である。

MORE

関連写真
  • 首都高速第517工区高架橋
  • 東京電機大学屋上緑化
  • 東京スタジアム
  • 首都高速BT153工区高架橋
  • 京急蒲田連続立体工事第6工区
  • 鈴江コーポレーション(株)千葉倉庫
  • さいたまスーパーアリーナ
  • 鈴江コーポレーション(株)大黒倉庫
  • 三進金属工業(株) 福島工場
  • 東京スタジアム
  • 東京国際空港国内線第1旅客ターミナル(愛称 ビッグバード)
  • 京都会館再整備工事
  • 中之島ダイビル
  • 新丸ビル
  • 有明コロシアム