新宮川橋

所在地三重県多気郡
年代2012年12月
特徴本橋(一級町道御棟・唐櫃線)は、三重県大台町を南北に分断する一級河川宮川の両岸を結ぶ橋梁であり、本地域の住民にとっては欠かすことの出来ない生活道路である。橋梁形式は単純上路トラス橋であり、ケーブルエレクション直吊り工法にて架設を行った。また、本橋は橋梁用高降伏点鋼板SBHS400Wを世界で初めて採用した橋梁である。

MORE

関連写真
  • 浜手バイパス
  • 大鳴門作業足場
  • 新桜宮橋
  • 那智勝浦ICランプ橋
  • NEXTAGE 2012
  • 妙高大橋補強工事
  • 山形県ドクターヘリ
  • 倉見高架橋
  • 高村工業(株)九州工場
  • アンカレッジ橋梁
  • 新高浜橋
  • 多々羅大橋1998
  • 賀田高架橋(本線、Cランプ)
  • 東北縦貫線防音壁支持鋼トラス桁