読売新聞東京本社ビル

所在地東京都千代田区
年代2013年11月
特徴報道機関の本社として耐震性を求められる新社屋は、各所に配置した制振装置・耐震部材で地震エネルギーを吸収する「制振構造」を採用。コア部に配置された「耐震ブレース」は建物全体をバランスよく強化、そして低層部に配置された「粘性制振壁」は地震の振動エネルギーを効率よく吸収する。地下部、低層部はSA440材、TMCP385材を使用。塔屋部はBOXトラスが採用された設計となっている。また、新社屋前は「箱根駅伝」のスタートおよびゴール地点となる。

MORE

関連写真
  • 東京電機大学屋上緑化
  • 大井ジャンクションランプ橋
  • 永田橋
  • 首都高速第831工区高架橋
  • 佐野西第2跨道橋
  • 学校法人愛知医科大新病院等建設工事
  • 県道高速名古屋新宝線七番工区
  • 新内橋
  • 牧野大橋
  • 牛久大仏
  • 東京スタジアム
  • パラボラ鉄塔製作据付工事
  • ポラテック富士(株) 富士工場
  • 富山県立高岡工芸高等学校機械棟