(仮称)三幸学園綾瀬校舎新築工事

所在地東京都足立区
年代2014年6月
特徴建築規模は地上5 階、 高さ19.876m、 延床面積4 883.36平米。構造の特徴として、妻面は400角のコラム使用の格子柱が主構造となっており、菱形の大きなサッシュで構成された壁面のデザインを可能にしている。柱、梁の多くが見え掛りのため、「耐火塗装」となっている。屋根の梁はR梁が1mピッチで配置されており、中でもスパン14mの梁は異型の枝梁(R)付きとなっている。「日本の未来」を担う若者が「創造力」を豊かにして「将来に夢」をもって学ぶ事が出来る建物である。

MORE

関連写真
  • 常新・小貝川橋梁
  • 読売新聞東京本社ビル
  • ノーマッド機
  • 新河岸橋
  • 首都高速第924工区高架橋(その2)9号線
  • 桧瀬橋
  • タービン建屋鉄骨製作工事エンジニアリング業務
  • 新掘跨道橋
  • 土岐プレミアム・アウトレット上空通路
  • 右会津川橋(田尻橋)
  • 新梅田シティ・梅田スカイビル
  • ウッドスクエア
  • 汐留シティセンター
  • 京葉銀行千葉みなと本部
  • 中之島フェスティバルタワー・ウエスト