JPタワー名古屋

所在地愛知県名古屋市
年代2015年10月
特徴「JPタワー名古屋」は、JR名古屋駅前に誕生する中部圏最大級の複合ビルである。
新築工事は順調に進んでおり、当初計画どおり2015年11月竣工、同年12月からオフィステナントの入居開始、2016年6月に商業施設「KITTE名古屋」を開業、2017年4月に全面開業する計画である。
高層棟の構造的特徴としては、地震の揺れを軽減する粘性体制振壁や鋼材ダンパー等を各階に設置した制振構造とし、高い耐震性能を確保している。
また環境対策として自然換気システム、Low-Eペアガラス、風力発電、太陽光発電、気化冷却システム、雨水貯留槽等の導入により、CO2の排出量を3割削減している。
新都市ハウジング協会 平成28年度CFT構造賞 受賞

MORE

関連写真
  • 名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所
  • 紅橋
  • 豊田アローズブリッジ
  • 県道高速名古屋新宝線七番工区
  • 湖辺底橋 他8橋耐震補強工事
  • 市立吹田サッカースタジアム
  • 日本梱包運輸倉庫(株)大崎営業所新築工事
  • 内川第2橋
  • 高瀬川橋
  • パークシティ大崎ブライトタワー
  • TBSビッグハット(TBS放送センター)
  • 中之島フェスティバルタワー・ウエスト
  • 北陸電力(株)本店ビル
  • 東京スカイツリー <sup>®</sup>