東海環状東員水管橋

所在地三重県員弁郡
年代2016年1月
特徴東員ICの道路排水は近隣河川に直接排水させると隣接河川の流下能力を超えるため、一旦、調整池に雨水等を溜める必要がある。本橋は、東員ICの道路排水を調整池まで導水するための水管橋である。支間長に応じてパイプビーム形式、π形補剛形式、逆三角ワーレントラス補剛形式と様々な形式を採用している。トラス形式は昼夜2度に亘り、500tトラッククレーン相吊りで架設を行った。

MORE

関連写真
  • 西谷池橋
  • 市立吹田サッカースタジアム
  • 関西国際空港旅客ターミナルビル
  • 浜手バイパス
  • 泉橋
  • 富士川橋
  • YK43工区(A・C連結路)上部・橋脚
  • 新居橋
  • MTR South Island Line, Lee Wing Street Ventilation Building 屋上緑化
  • 大富希望の橋
  • アーカンソー橋梁 No.60049
  • 新掘跨道橋
  • 東京湾アクアライン
  • 城山高架橋
  • 長岡京高架橋