大名古屋ビルヂング

所在地愛知県名古屋市中村区
年代2015年12月
特徴約半世紀にわたり名古屋駅前のシンボルとして地元の人々に親しまれてきた歴史ある旧建物名称「大名古屋ビルヂング」を継承し、名古屋駅前の新たなランドマークとして国際的・広域的な業務拠点を形成する商業施設兼オフィスビルである。名古屋の街に潤いを与えるように「緑の丘に立つ大樹」をデザインコンセプトとし、低層部の屋上を緑化して市民に開放(スカイガーデン)するとともに、タワー外装はまっすぐ空に伸びる大樹の幹と葉や枝の重なりを表現したデザインになっている。低層の外装は商業施設のきらめきと華やかさを表現するクリスタルをイメージしている。

MORE

関連写真
  • JPタワー名古屋
  • 市道高速分岐3号大清水工区
  • 和泉高架橋
  • 豊田アローズブリッジ
  • 大生郷橋
  • オホーツクバイオエナジー(株)本社工場
  • 吉浜高架橋
  • 京都会館再整備工事
  • 越喜来高架橋
  • 大手町フィナンシャルシティ ノースタワー
  • 京セラドーム大阪
  • 市立吹田サッカースタジアム
  • 大田原配水場
  • ナゴヤドーム