大名古屋ビルヂング

所在地愛知県名古屋市中村区
年代2015年12月
特徴約半世紀にわたり名古屋駅前のシンボルとして地元の人々に親しまれてきた歴史ある旧建物名称「大名古屋ビルヂング」を継承し、名古屋駅前の新たなランドマークとして国際的・広域的な業務拠点を形成する商業施設兼オフィスビルである。名古屋の街に潤いを与えるように「緑の丘に立つ大樹」をデザインコンセプトとし、低層部の屋上を緑化して市民に開放(スカイガーデン)するとともに、タワー外装はまっすぐ空に伸びる大樹の幹と葉や枝の重なりを表現したデザインになっている。低層の外装は商業施設のきらめきと華やかさを表現するクリスタルをイメージしている。

MORE

関連写真
  • JPタワー名古屋
  • 学校法人愛知医科大新病院等建設工事
  • 豊田スタジアム
  • 鍋田西高架橋
  • 豊田アローズブリッジ
  • 南平こ道橋
  • 東海環状下宮高架橋
  • 東道ノ上こ道橋
  • 富山大学 地中熱空調
  • 内川第2橋
  • 虎ノ門ヒルズ
  • 城山トラストタワー
  • 淀屋橋ミッドキューブ
  • アークタワーズ
  • TRI-SEVEN ROPPONGI