新川橋

所在地香川県高松市前田西町
年代2000年12月
特徴本橋は、河川・交差道路を跨ぐ中央径間部に比較的軽く架設時の施工性が良い鋼桁を、側径間部にはPRC桁を用いて、隣接するコンクリート橋との景観バランス、経済性および構造特性に優れた5径間連続の混合橋を構成している。側径間と中央径間の支間長比は約13と非常に大きく、混合橋の有利性が強調できる構造となっている。

MORE

関連写真
  • 下津井瀬戸大橋(ケーブル工事)
  • 多度津町立町民体育館
  • 丸亀競艇場スタンド
  • 南備讃瀬戸大橋(補剛桁工事)
  • 港町大橋
  • 輝北ウインドファーム
  • 東京国際空港 第2旅客ターミナルビル 2階出発階
  • 仏光寺橋
  • 桜川水門
  • 台湾新幹線 C250工区No.13(シリーズ)橋梁
  • 服部跨道橋
  • 南星橋
  • 桧瀬橋
  • 中の川橋
  • 中吉田瀬名大橋