東海環状東員水管橋

所在地三重県員弁郡
年代2016年1月
特徴東員ICの道路排水は近隣河川に直接排水させると隣接河川の流下能力を超えるため、一旦、調整池に雨水等を溜める必要がある。本橋は、東員ICの道路排水を調整池まで導水するための水管橋である。支間長に応じてパイプビーム形式、π形補剛形式、逆三角ワーレントラス補剛形式と様々な形式を採用している。トラス形式は昼夜2度に亘り、500tトラッククレーン相吊りで架設を行った。

MORE

関連写真
  • 左会津川橋
  • グランフロント大阪
  • 新梅田シティ・梅田スカイビル
  • 長瀬大橋
  • 大鳴門橋(多柱基礎鋼管製作)
  • 東海環状大安高架橋南
  • 朝明川橋
  • 大富希望の橋
  • 西崎高架橋
  • 品川区立平塚橋特別養護老人ホーム 屋上・壁面緑化
  • 中の川橋
  • 濡石橋
  • 大鳴門橋(ケーブルアンカーフレーム据付工事)
  • 第二音戸大橋
  • 十日市跨道橋