第二音戸大橋

所在地広島県呉市
年代2011年12月
特徴本橋は、風光明媚な音戸の瀬戸(広島県呉市の本州と倉橋島の間の海峡)に架かる橋梁である。橋梁形式はアーチ支間長280m を有する中路式ニールセンローゼアーチ橋であり、海峡部のアーチ部分(約3,500t)は航路を通行する船舶への影響等を最小限とするため、架設工法はベントを用いない「空中ジョイント」による大ブロック一括架設工法が、国内で初めて採用された。

土木学会賞 田中賞 作品部門 受賞(平成24年度(2012年度))

MORE

関連写真
  • 岩国港埠頭(人工地盤)
  • 多々羅大橋1998
  • えびすだいこく大橋
  • 関門橋
  • 広島南道路西部工区
  • 中和幹線橋梁
  • 園田高架橋(新東名高速道路)
  • 香港クリケットクラブ(屋上緑化)
  • 和泉高架橋
  • プレミスト不動前
  • 南備讃瀬戸大橋(ケーブル架設工事)
  • 城山高架橋
  • 指久保橋
  • 別枝大橋
  • 十文字橋