下在来高架橋(外回り)(圏央道)

所在地埼玉県久喜市
年代2013年01月
特徴本橋は、首都圏中央連絡自動車道の白岡菖蒲IC-桶川北本IC間に位置する橋梁である。ランプと本線の合流部であるため、幅員が起点側と終点側で大きく変化しており、折れ桁や曲線桁で構成されている。床版にはSCデッキを採用し、工期短縮を図りつつ、無事故無災害で工期内に竣工した。

MORE

関連写真
  • さいたま新都心合同庁舎2号棟
  • 倉松川側道橋
  • 久喜白岡ジャンクション 本線第2高架橋(圏央道)
  • 越辺川橋
  • 下原川橋
  • (株)鼓月 地中熱空調工事
  • 八ッ場大橋
  • 東北縦貫線防音壁支持鋼トラス桁
  • 曽根川橋
  • 倉松川側道橋
  • さがみ縦貫道路(交差2)17号桁鉄骨製作運搬
  • 下島大橋
  • 菅沼橋
  • 広瀬川水管橋