桧瀬橋

所在地徳島県名西郡
年代2014年10月
特徴本橋は、徳島県名西郡石井町高原に位置し、吉野川の支流、飯尾川に架橋した橋梁である。上面曲線・下面直線の2径間連続桁構造で、路面の縦断勾配に合わせて主桁高さが変化している。
桁端部の桁高は594mmと非常に低く、典型的なPB桁の桁形状で、PB桁の特徴をよく有している橋梁である。

MORE

関連写真
  • 大鳴門橋(ケーブルアンカーフレーム据付工事)
  • 大鳴門橋(多柱基礎鋼管製作)
  • 日比宇高架橋
  • 阿波しらさぎ大橋
  • 新掘跨道橋
  • 土岐プレミアム・アウトレット上空通路
  • 青海・台場クロスウォーク
  • 柳田大橋
  • 賀田高架橋(本線、Cランプ)
  • 学校橋
  • 七十二峰橋
  • 広瀬橋
  • 広幡橋
  • 池田橋