読売新聞東京本社ビル

所在地東京都千代田区
年代2013年11月
特徴報道機関の本社として耐震性を求められる新社屋は、各所に配置した制振装置・耐震部材で地震エネルギーを吸収する「制振構造」を採用。コア部に配置された「耐震ブレース」は建物全体をバランスよく強化、そして低層部に配置された「粘性制振壁」は地震の振動エネルギーを効率よく吸収する。地下部、低層部はSA440材、TMCP385材を使用。塔屋部はBOXトラスが採用された設計となっている。また、新社屋前は「箱根駅伝」のスタートおよびゴール地点となる。

MORE

関連写真
  • 首都高速第553工区高架橋
  • 東京都庁舎(第1本庁舎)
  • 有楽町センタービル(有楽町マリオン)
  • 東京ドーム
  • 東北縦貫線防音壁支持鋼トラス桁
  • 大井ジャンクションランプ橋
  • 久喜白岡ジャンクション C2ランプ橋(圏央道)
  • 水戸管内橋梁災害復旧工事
  • さがみ縦貫中沢第一橋(下り線)
  • 東京国際空港国内線第1旅客ターミナル(愛称 ビッグバード)
  • 京都産業大学壬生サテライトキャンパス大学施設及び附属中学・高等学校
  • 三井倉庫箱崎ビル(日本IBM箱崎ビル)
  • ナゴヤドーム
  • タービン建屋鉄骨製作工事エンジニアリング業務