読売新聞東京本社ビル

所在地東京都千代田区
年代2013年11月
特徴報道機関の本社として耐震性を求められる新社屋は、各所に配置した制振装置・耐震部材で地震エネルギーを吸収する「制振構造」を採用。コア部に配置された「耐震ブレース」は建物全体をバランスよく強化、そして低層部に配置された「粘性制振壁」は地震の振動エネルギーを効率よく吸収する。地下部、低層部はSA440材、TMCP385材を使用。塔屋部はBOXトラスが採用された設計となっている。また、新社屋前は「箱根駅伝」のスタートおよびゴール地点となる。

MORE

関連写真
  • 東京電機大学屋上緑化
  • 大崎フォレストビルディング
  • 飯田橋グラン・ブル-ム サクラテラス
  • 長池見附橋
  • GINZA KABUKIZA(歌舞伎座/歌舞伎座タワー)
  • (株)日立ハイテクノロジーズ大牟田センタ新ロジ建屋
  • 久喜白岡ジャンクション C2ランプ橋(圏央道)
  • 東金橋、小食土高架橋、桂橋、上太田橋
  • 日本圧着端子製造(株)新本社ビル
  • 香港 WKCDA Site Office 屋上緑化
  • グラントウキョウノースタワー
  • 六本木ヒルズ森タワー
  • エクセルコート新狭山
  • 中之島ダイビル
  • ホテル日航金沢