読売新聞東京本社ビル

所在地東京都千代田区
年代2013年11月
特徴報道機関の本社として耐震性を求められる新社屋は、各所に配置した制振装置・耐震部材で地震エネルギーを吸収する「制振構造」を採用。コア部に配置された「耐震ブレース」は建物全体をバランスよく強化、そして低層部に配置された「粘性制振壁」は地震の振動エネルギーを効率よく吸収する。地下部、低層部はSA440材、TMCP385材を使用。塔屋部はBOXトラスが採用された設計となっている。また、新社屋前は「箱根駅伝」のスタートおよびゴール地点となる。

MORE

関連写真
  • 東京電機大学屋上緑化
  • 虎ノ門ヒルズ
  • 大手町タワー
  • GINZA KABUKIZA(歌舞伎座/歌舞伎座タワー)
  • 首都高速第924工区高架橋(その2)
  • 松ヶ崎大橋
  • NEXTAGE 2013年度グッドデザイン金賞受賞
  • 広島高速3号線III期 江波西工区
  • 能代運輸(株)秋田港運事業所第6号倉庫
  • 山賀橋
  • いわて県民情報交流センター アイーナ
  • 中之島フェスティバルタワー
  • ロハスフィールド(ポラテック滋賀工場)
  • 横浜第3フレッシュセンター