登米志津川橋梁

所在地宮城県登米市~本吉郡
年代2014年1月
特徴本工事は宮城と各県の太平洋沿岸を結ぶ「三陸沿岸道路」の一部である。災害時に地域間の連絡機能を高めるため、復興道路として整備された。3橋ともに耐候性鋼材を使用しており、積雪地域で凍結抑制剤による飛来塩分が影響するため、桁端部は二重防食塗装、外桁の下フランジには1%ニッケル系高耐候性鋼材を採用している。

MORE

関連写真
  • 新天王橋
  • 新北上大橋橋梁災害復旧工事(その2)
  • 日本梱包運輸倉庫(株)大崎営業所新築工事
  • 釜房大橋
  • 土岐プレミアム・アウトレット上空通路
  • パークシティ大崎ブライトタワー
  • 拝田橋
  • 今切川橋
  • 永田橋
  • 島の上3期地区橋梁
  • 六方沢橋
  • 常新・小貝川橋梁
  • パッシグ・リバー橋