天王橋

所在地三重県度会郡南伊勢町
年代2006年03月
特徴本橋は、隣接する福祉センター入り口付近の嵩上げを極力おさえるため、桁端の構造高を42Cmにした合成床版(SCスラブ)橋である。スパン桁高比は、1/53~1/33である。床版は、支間が22.3mと長く自重の低減のため中空タイプの構造とした。ずれ止め構造は、施工性がよく確実な応力伝達が可能な孔あき鋼板ジベルと角鋼ジベルを採用した。また、鋼材は、ライフサイクルコストを考慮してニッケル系高耐候性鋼材裸仕様を採用している。

MORE

関連写真
  • 始神高架橋
  • 三田坂バイパス6号橋
  • 新居橋
  • 新宮川橋
  • 中の川橋
  • グラントウキョウノースタワー
  • 幡生高架橋
  • 越辺川橋
  • 九重“夢”大吊橋
  • HRP-3 Promet Mk-II
  • 海上作業足場“躍進2号”改造工事
  • 富山大橋 2013
  • タワーヘッド(パスコ・ケネウィックブリッジ)
  • 東京国際空港 第2旅客ターミナルビル 2階出発階
  • 高州高架橋