日本圧着端子製造(株)新本社ビル

所在地大阪府大阪市中央区
年代2013年01月
特徴圧着端子やコネクター等、接続システム製品を製造販売するグローバル企業の国内拠点となる新社屋である。
内外装に使用されている木材の素材感や色調の変化を通して、あるいは、20年後に想定している木格子の取替えを通して、動的な建築の在り方を表現することを目的のひとつとしている。
建物規模は、地下2階・地上8階,延床面積8,245平米。建物の中央部分に700*400のBOX柱をブレース補強した頑丈なコアを配置し、外壁に沿って150㎜角の鉄骨柱を1,650㎜間隔で散りばめることにより、柱の目立たない居室空間を実現している。
また、各階を4つのエリアに分割し、隣り合うエリアを半階ずつずらすことで、螺旋状のスキップフロア構造となっている。

MORE

関連写真
  • 門真ジャンクション
  • 学校法人常翔学園 大阪工業大学梅田キャンパス
  • (株)鼓月 地中熱空調工事
  • 蛇穴3号橋
  • 新桜宮橋
  • 佐野西第2跨道橋
  • 山賀橋
  • 下在来高架橋(外回り)(圏央道)
  • 常永2号調整池
  • 読売新聞東京本社ビル
  • 恵比寿ガーデンプレイスタワー
  • 東京日本橋タワー
  • パラボラ鉄塔製作据付工事
  • 北国新聞会館